映画『よこがお』公式サイト » CAST

筒井真理子
/ 白川市子・リサ

MARIKO TSUTSUI

山梨県出身。82年早稲田大学在学中に、鴻上尚史主催の劇団「第三舞台」で初舞台を踏む。以後、舞台をはじめ映画・テレビ・CMと幅広く活躍。94年、映画『男ともだち』(山口巧監督)で主演デビュー。『青空に一番近い場所』(94/鴻上尚史監督)、『Lie lie lie』(97/中原俊)、『黄泉がえり』(03/塩田明彦監督)、『クワイエットルームにようこそ』(07/松尾スズキ監督)、『アキレスと亀』(08/北野武監督)、『ヒーローショー』(10/井筒和幸監督)、『希望の国』(12/園子温監督)、『クロユリ団地』(13/中田秀夫監督)、『かぐらめ』(15/奥秋泰男監督)などの映画に出演。16年、松本明子と漫才コンビ「つつまつ」を結成。同年、『淵に立つ』で深田晃司監督と初めて組み、第71回毎日映画コンクール女優主演賞、第31回高崎映画祭最優秀主演女優賞、第38回ヨコハマ映画祭主演女優賞など多数の賞を受賞。近年、『ANTIPORNO』(17/園子温監督)、『かぞくいろ』(18/吉田康弘監督)、『jam』(18/SABU監督)、『洗骨』(19/照屋年之監督)、『サムライマラソン』(19/バーナード・ローズ監督)、『愛がなんだ』(19/今泉力哉監督)などに出演。

市川実日子 /大石基子
MIKAKO ICHIKAWA

1978年生まれ、東京都出身。94年、雑誌「Olive」の専属モデルとなる。以後、様々なメディアでモデルとして活動。98年、短編『How to 柔術』(ホンマタカシ監督)に映画初出演、『タイムレスメロディ』(99/奥山浩志監督)で長編映画初出演。01年、『とらばいゆ』(大谷健太郎監督)で毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞受賞などを受賞。03年、魚喃キリコ原作の映画『blue』(安藤尋監督)で映画初主演し、第24回モスクワ国際映画祭最優秀女優賞受賞。『嫌われ松子の一生』(06/中島哲也監督)、『めがね』(07/荻上直子監督)、『ジ、エクストリーム、スキヤキ』(13/前田司郎監督)、『ぼくたちの家族』(14/石井裕也監督)などの映画に出演。16年、『シン・ゴジラ』(庵野秀明総監督)に出演、第71回毎日映画コンクール女優助演賞他を受賞。近年は、『夜空はいつでも最高密度の青色だ』(17/石井裕也監督)、『三度目の殺人』(17/是枝裕和監督)、『ナラタージュ』(17/行定勲監督)、『羊の木』(18/吉田大八監督)などの映画に出演。19年、『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』(小林聖太郎監督)が5月に公開。

池松壮亮 /米田和道
SOSUKE IKEMATSU

1990年生まれ、福岡県出身。01年、劇団四季ミュージカル「ライオンキング」のオーディションに合格し、11歳で俳優デビュー。03年、ハリウッド映画『ラストサムライ』(エドワード・ズウィック監督)で映画初出演。『鉄人28号』(05/冨樫森監督)、『DIVE!!』(08/熊澤尚人監督)などに主演。14年、『愛の渦』(三浦大輔監督)に主演、『ぼくたちの家族』(石井裕也監督)、『紙の月』(吉田大八監督)に出演し、日本アカデミー賞新人俳優賞他多数受賞。『劇場版 MOZU』(15/羽住英一郎監督)、『無伴奏』(16/矢崎仁司監督)、『永い言い訳』(16/西川美和監督)などの映画に出演。17年、『夜空はいつでも最高密度の青色だ』(石井裕也監督)に主演、第39回ヨコハマ映画祭主演男優賞他を受賞。18年、『万引き家族』(是枝裕和監督)に出演、『君が君で君だ』(松井大悟監督)、『斬、』(塚本晋也監督)に主演、第33回高崎映画祭最優秀主演男優賞を受賞。19年、『町田くんの世界』(石井裕也監督)、『WE ARE LITTLE ZOMBIES』(長久允監督)に出演、主演映画『宮本から君へ』(真利子哲也監督)が今秋公開される。

吹越 満 /戸塚健二
MITSURU FUKIKOSHI

1965年生まれ、青森県出身。84年~99年、劇団WAHAHA本舗に所属、パントマイムに裏打ちされた芸をみせ、ロボコップ演芸などを披露。89年以後、「フキコシ・ソロ・アクト・ライブ」を断続的に公演。90年、『つぐみ』(市川準監督)で映画初出演。『ガメラ2 レギオン襲来』(96/金子修介監督)、『ラブ&ポップ』(98/庵野秀明監督)、『たそがれ清兵衛』(02/山田洋次監督)、『愛のむきだし』(09/園子温監督)、『冷たい熱帯魚』(11/園子温監督)、『モリのいる場所』(18/沖田修一監督)、『レディinホワイト』(18/大塚祐吉監督)などの映画に出演、個性派バイプレイヤーとして映画を支える。主演映画に『友だちのパパが好き』(15/山内ケンジ監督)。

須藤 蓮 /鈴木辰男
REN SUDO

1996年生まれ、東京都出身。18年、NHKBSプレミアムのドラマ「ワンダーウォール」、短編映画『ブレイカーズ』(後藤美波監督)、ポルカドットスティングレイのMV「リスミー」、崎山蒼志のMV「国」などに出演。19年、YouTubeドラマ「タスクとリンコ」、フジテレビのドラマ「JOKER×FACE」、オムニバス映画『21世紀の女の子』、映画『最後の審判』(川上信也監督)などに出演。
特技は英語、ダンス、そして虫に詳しいこと。

小川未祐 /大石サキ
MIYU OGAWA

2001年生まれ、東京都出身。18年、小川紗良監督『最期の星』で主演の琴子役で女優デビューし、女優・ダンサーとして活動する。その後、積水ハイム広告、NTVのドラマ「Jr.選抜!標への道」、熱血恋愛道2018「おうし座のO型BOY」などに出演。19年、若手女優の登龍門と言われているリクルート『ホットペッパービューティー』、特別WEB動画「春、変わる時。」(松本花奈監督)に主演。その他、上田慎一郎監督の新作長編映画や2020年公開予定の長編映画の初主演が決定している。特技はダンス、バレエ、ピアノ、書道八段。

大方斐紗子 /大石塔子
HISAKO OHKATA

1939年生まれ、福島県出身。俳優座付属養成所卒業後、劇団青年座を経て合同会社現代に所属。特に舞台「ウインドミル・ベイビー」は1人で12役を受け持ち注目される。近年、『恋の罪』(11/園子温監督)、『葛城事件』(16/赤堀雅秋監督)、『おじいちゃん、死んじゃったって』(17/森ガキ侑大監督)などに出演。19年は、NTV「あなたの番です」や5月公開の映画『雪子さんの足音』(浜野佐知監督)に出演。特技は歌(クラシック・シャンソン)、ダンス、日舞、狂言、仏語。

川隅奈保子 /大石洋子
NAHOKO KAWASUMI

1972年生まれ、千葉県出身。1996年に劇団青年団に入団。映画、テレビ、舞台など幅広く活躍。『踊る大捜査線THE FINAL 新たなる希望』(12/本広克行監督)、『幕が上がる』(15/本広克行監督)、19年は青年団「平田オリザ・演劇展 vol.6」などの舞台に出演。深田晃司監督とは、短編『自転車と音楽』(08)と『ほとりの朔子』(16)に出演するなど厚く信頼されている。