映画『よこがお』公式サイト » STAFF

編集・脚本・監督:深田晃司
KOJI FUKADA

1980年生まれ、東京都小金井市出身。大正大学文学部卒業。99年、映画美学校フィクションコースに入学、習作長編『椅子』など自主制作した後、05年、平田オリザが主宰する劇団「青年団」に演出部として入団。06年、19世紀フランスの小説家、バルザックの小説を深澤研のテンペラ画でアニメーション化した『ざくろ屋敷 バルザック「人間喜劇」より』を監督。08年、青年団の劇団員をキャストにオムニバス長編映画『東京人間喜劇』を公開。10年、『歓待』を発表。11年、第一回こまばアゴラ映画祭を企画・開催。12年、映画の多様性を創出するための互助組織、特定非営利活動法人独立映画鍋を有志数人と設立し現在、共同代表理事。13年、『ほとりの朔子』公開。15年、平田オリザ原作の『さようなら』公開。16年、『淵に立つ』が第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査委員賞を受賞。17年、第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。18年、インドネシアを舞台にした『海を駆ける』公開。同年、フランスで芸術文化勲章「シュバリエ」を受勲。作品のノヴェライズも手がけ、小説「淵に立つ」(16)、小説「海を駆ける」(18)が書籍化されている。

撮影:根岸憲一
KENICHI NEGISHI

1957年生まれ、東京都出身。玉井正夫、高田昭、川上皓市らに師事。92年、黒沢清監督『地獄の警備員』が第一回撮影担当作品。『細菌列島』(09/村上賢司監督)、『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』(09/島田洋七監督)、『女生徒・1936』(16/福間雄三監督)、『きらきら眼鏡』(18/犬童一利監督)などを撮影。『よこがお』は、10年の『歓待』以来『淵に立つ』含む深田晃司監督との5作目のコンビ長編となる。

音楽:小野川浩幸
HIROYUKI ONOGAWA

1963年生まれ、長崎県出身。95年の『水の中の八月』以後、09年まで石井聰亙(現・岳龍)監督作品の音楽を務める。『童貞放浪記』(09/小沼雄一監督)、『さよならドビュッシー』(12/利重剛監督)、『獣道』(17/内田英治監督)などの音楽を担当。他19年公開予定は『ある町の高い煙突』(松村克弥監督)、『ソローキンの見た桜』(井上雅貴監督)、『魔法少年☆ワイルドバージン』(宇賀那健一監督)。13年、短編『いなべ』で深田晃司監督と初めて組み、15年、『さようなら』をプロデュース。音楽ほか音響全般を担当。